RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
AI「ONE」


AIが12月に発売されるNew Albumの先行Single「ONE」を11月7日にRelease!
本人作詞、冨田ラボプロデュースによる今作は、フジテレビ系ドラマ「医龍Team Madical Dragon2」の主題歌となる。
バラード続きで物足りなさを感じるファンも多いだろうが、カップリングにはSPHERE of INFLUENCEをフィーチャリングアーティストに迎えたHIP HOPチューンを収録。SPHEREとのフィーチャリングは実に4年振りのことで、同曲はNew Album未収録曲とのこと。
さらに「BRAND NEW DAY」のライブ・バージョンも収録され、こちらもNew Albumには未収録だ。
author:RIGHTER WRITER, category:ア行のArtist, 23:20
comments(7), trackbacks(79), pookmark
加藤ミリヤ「LALALA feat.若旦那(湘南乃風) / FUTURECHECKA」


加藤ミリヤ 待望の両A面New Single 10月17日 Release!!

今年すでに3枚のSingleと1枚のAlbumを発表し、精力的なReleaseを続けるミリヤがコラボレーションSingleをReleaseする。
若旦那(湘南乃風)トータルプロデュース、MINMIトラックメイクのもと制作された今作は、これまでにないリアルラブソング!!
両A面には、アナログ先行Releaseとなった「FUTURECHECKA feat.SIMON,COMA-CHI&TARO SOUL」を収録。
こちらはZEEBRA&DJ KEN-BOの名曲『PARTEECHECKA』へのアンサーソングとなる話題曲だ。

これまでも共感の持てる歌詞が多くに支持されてきた彼女だが、身近な愛をテーマにした今作「LALALA」でさらに大きな支持が得られそうな予感。

ずっと愛しているから
いつか別れる日が来ても LA LA LA
泣かないって約束しよう Baby
大好きだよ LA LA LA LA LA LA
何も言わなくていいよ
もっと甘えてもいいよ LA LA LA LA
ずっと一緒にいられないけど
私は君を想い続けるでしょう

あなたの背中見て もう出かけるのかと不安気
寂しいからちょっと怒って困らせてしまうんだごめんね
本当はわかってる EVERYDAY 仕事だからしょうがないって
ただあなたの傍に居たくて私にはあなたしかいなくて
「愛してる」一日中さりげなく時計を見る
まだお昼って軽く落ちる くよくよせずに乗り切れる多分
生きるって大変なことだから私があなた慰めなきゃ
帰ってきて笑顔で迎える それが唯一のできること



author:RIGHTER WRITER, category:カ行のArtist, 21:43
comments(0), trackbacks(2), pookmark
AI「I'll Remember You」
 

AIの2007年初のSingle「I'll Remember You / BRAND NEW DAY」が7月18日Release!
「I'll Remember You」は、いつも周囲への感謝の気持ちを忘れない、彼女らしいメッセージの詰まった一曲となっている。

AIといえば、2005年にReleaseされた「Story」の大ヒットで日本の音楽シーンを代表するアーティストとなり、昨年、単独では初となる日本武道館でのライブも大成功を収めた。
常に笑いの絶えないそのキャラクターがまた、多くのファンを惹きつけてきた。
ポジティブなイメージの強い彼女だが、これまで辿ってきた道のりで経験したものは、必ずしも良いことばかりではなかっただろう。
歌詞にもあるように、どうしても進まなくてはいけないこと、言いたくても言えなかったことや後悔。人生における苦しみや悲しみを味わっているからこそ、そこに共感できる歌が生まれる。
「歌詞を書いている時に自然と涙が出てきた」と彼女も語っているとおり、支えてくれる人への想いに溢れたバラードに仕上がっている。

宮里藍が出演するJALのCMソングとして既にオンエア披露されている「BRAND NEW DAY」に続き、先日開催されたMTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2007では「I'll Remember You」をライブ初披露。
ちなみに同アワードでAIは、BEST R&B AWARDを受賞。まさに、彼女にとってこの日は“忘れられないもの”になった。




■Yahoo!動画にて両曲のPVフル視聴可(〜7月17日まで)
http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00101/v01859/
author:RIGHTER WRITER, category:ア行のArtist, 11:52
comments(0), trackbacks(2), pookmark
TATE&MARKIE『タテマキ』
2004年に発表された1st Album『Green Sounds』から約2年半の時を経て、TATE&MARKIEが遂に2nd Album『タテマキ』を本日リリース。
『Green Sounds』以降、Single「Chase/お昼Rock」、Mini Album『モウカノホシ』、Single「Voices」、「冬日和」4枚の作品を発表。それら作品のすべてに置いて、様々な切り口で新たなタテマキサウンドを模索し、アプローチし続けてきた。
その過程で多くの苦悩や葛藤に直面することも多く、特に「Voices」や「冬日和」では開放的なミディアム・テンポの曲調とは裏腹に、リアルなまでに切実とした想いがリリックに綴られている。
この2年半、タテマキのふたりが自分自身、そしてタテマキの音楽と真剣に向き合うことで、作品たちはよりパーソナルなものに近づく結果となった。
今作『タテマキ』にしても同じことで、新録でありAlbumのオープニング曲となる「Good Sad Music」のタイトルがすべてを物語っているような気がするのである。
“喜び”や“前向き”といったポジティブな感情と常に隣り合わせの“悲しみ”や“不安”などのネガティブな感情をも包み隠さず表現することで、心のもっと深いところまで届く音楽が生まれることとなった。
 ジャンルのカテゴライズが難しい程、様々な音楽要素を盛り込んだ『タテマキ』。
音楽の表現のふり幅をきかせタテマキ・サウンドを確立させた彼らの、第3章の幕開けが期待される。
author:RIGHTER WRITER, category:タ行のArtist, 22:37
comments(0), trackbacks(1), pookmark
JAMOSA『ONE』
ONE
評価:
東芝EMI
¥ 2,800
(2007-02-28)
まさに待望といえる、JAMOSAメジャー・デビュー後初のFull Album『One』がリリース。
万人に受け入れられるポップさが求められる現代の日本の音楽シーンにあって、JAMOSAはそれらマーケット一切を無視した、本物の“MUSIC SOUL”溢れるAlbumを産み落とした。

全10曲から成る同Albumには、話題となった限定Single「言えないよ FEAT.CORN HEAD」や「DREAM」、「SO ADDICTED 247365」に加え、新録4曲が収められている。
近年増加する自殺に関する報道。Albumのハイライト曲となる「U&ME」では、彼女自身がそれらニュースから感じ取った、抱えきれない喪失感や未来に対する不安を綴り、そして生きることの意味を説いている。

強さのなかにある優しさや包容力が、彼女の歌声からは伝わってくる。
「活きる事の素晴らしさを心で感じて、色んな壁にブツかって行く元気をこのアルバムで貰ってほしい」と彼女が言うように、まさに、躓いた時や果てのない不安に駆られた時、愛しい人を想う時……いつでもそばで勇気を与え支えてくれているような、そんな1枚に成り得るAlbumだ。

日本のR&Bシーンを担う新世代シンガー“JAMOSA”。
現状のスタイルを貫き、たゆまずシーンを引っ張って行ってもらいたいと心から願う。

■JAMOSA Official Web Site
http://ladymosa.com/
author:RIGHTER WRITER, category:サ行のArtist, 00:18
comments(0), trackbacks(0), pookmark
傳田真央 復活
最後にCDをリリースしてから実に5年……。
ケツメイシ「男女6人夏物語」にフィーチャリング・ヴォーカルとして参加したことが記憶に新しい傳田真央が、遂に復活を果たす!

その、復活の概要とは……

来る11月22日、Mao / Dとして亀田誠治プロデュースによるソロ・シングル「Very Love 0.5℃」をリリース。
2年半の制作期間をかけて完成した「究極のラヴポップソング」だそうで、タイトルトラックほか、「NARENAI BAD DAYS」、「SOUL BELL」、「VERY LOVE 0.5℃(Instrumental)」を収録。

ロックバンド、focus10のヴォーカルとして音楽活動をするも、それまでの“傳田真央”とは全く異なる音楽形態に満足を得なかったファンもきっといたはず。
ケツメ「男女〜」もまた然り。
果たして「Very Love 0.5℃」がどのような仕上がりになっているのか気になるところだが、それはさておき。
本格的にシーンに帰ってきたとなれば、こんな嬉しいことはない。
author:RIGHTER WRITER, category:タ行のArtist, 22:50
comments(2), trackbacks(0), pookmark
TATE&MARKIE「Voices」
TATE&MARKIE(以下タテマキ)、4枚目のSingleとなる「Voices」が現在発売中。
今作はタテマキのふたりの経験をもとに制作されたノスタルジックな一曲だ。
曲はこの季節にぴったりの開放的なミディアム・テンポでありながら、そこに綴られた言葉は痛いほどにリアルである。
現実と懐郷の念とのあいだで揺れ動く情景は、必ずしも故郷を離れた人だけに当てはまるわけではなく、夢を追う者なら誰しもが共感を持てるはず。
心が折れてしまいそうでいながらも、どこか力強さすら感じさせるギリギリ感が胸に迫るMARKIEの歌声と、終盤にかけ吐き出されるTATEのテンポの良いラップは必聴。
「Voices」は、“まだ負けられない”というタテマキの現在のリアルな声であり、また、応援してくれる人へ向けたふたりの宣誓である。
カップリングには、地元仙台のプロバスケットチーム「SENDAI89ERS」のオフィシャルサポートソングを収録。

■TATE&MARKIE Official Web Site
http://www.tatemaki.jp/

■GyaO 音楽クリップリング
〜8/6(日)正午まで「Voices」ビデオクリップ放送中
http://www.gyao.jp/music/clipring/
author:RIGHTER WRITER, category:タ行のArtist, 22:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
S-key-A Wit Nao'ymt「Boom Boom Boom」


現在iTunes Music Storeにて配信されているS-key-A Wit Nao'ymt「Boom Boom Boom」がじわじわときている。
これは安室奈美恵やCrystal Kayなどのプロデュースで知られるNao'ymtと大阪在住のシンガー、S-key-Aによるコラボレーション企画wit'によって生まれた一曲だ。
7月12日よりiTMSで配信開始となった同曲、なんと現時点でR&B/Soul部門第3位をマーク!
“Summer Mood”と題したwit'スペシャル企画の第一弾として届けられたこの曲、きっと誰もが心に抱くであろう切ない恋心を描いたスロウ・ジャムだ。
キャッチーでありながらも、日本のR&Bを見事に昇華させたと言える作品ではないだろうか。
また、この企画自体も画期的で新鮮な試みと言える。
「ふと出会った才能溢れる誰かと、好き勝手に音楽を創りたくなった。
みんなの才能が金や権力に負けないように。」(Nao'ymt公式サイトより)とNao'ymt氏が言うように、これはアーティストや音楽制作に携わる人間が、現在の音楽業界に真っ向から立ち向おうとする、いわばひとつの改革である。
本来自由であるべきの音楽が、流行、お金、様々な悪循環といった日本の音楽業界が持つ闇に飲み込まれてしまわぬように……。
どうかこの試みが、闇を照らす光になってほしいと、願わずにはいられない。
難しいことはさておき、とりあえず聴いてみてほしい。

■Nao'ymt Official Web Site
http://www.naoymt.com/

■Nao'ymt wit' Summer Mood 特設サイト
http://naoymt.com/summermood/

■S-key-A Official Web Site
http://s-key-a.jp/
author:RIGHTER WRITER, category:サ行のArtist, 23:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Miss Monday「雨虹 -no rain, no rainbow-」




no pain... no rain,no rainbow
いつだって 僕らに問うみたいに
降るのは ただの通り雨
no pain... no rain,no rainbow
追いかけて 濡れた分は強くなって
必ず虹を描けるだろう

「NO RAIN, NO RAINBOW.(雨なくして虹はなし)」というハワイの古いことわざにインスパイアされて制作された、Miss Monday最新Single「雨虹 -no rain, no rainbow-」。
今作で彼女は、人生における“不安・希望”といった要素を“雨・虹”というモチーフを用いて解りやすくポジティブなメッセージを発信している。
リズミカルなメロディと耳触りの良い彼女のRapが聴く者の足取りを軽くさせてくれるかのよう。
当初CD発売の予定はなかったが、6月に開催された「Girls Park 2006」のキャンペーンサイトにて無料先行配信されたところ、ファンからのリクエストが殺到しリリースする運びとなった話題作だ。


最新Album「&I」発売中!
2006.6.21 ON SALE
ESCL-2843
¥3,059(税込)


author:RIGHTER WRITER, category:マ行のArtist, 16:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
お知らせ
サイト「RIGHTER WRITER」で書いていたディスク・レビューは、すべてこちらに移行させようと考えています。
また、次の仕事が落ち着いたらこのBlogでレビュー、コラムを再開させるつもりです。
author:RIGHTER WRITER, category:Other, 14:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark